得意なこと?

私は小学生のころ、料理の先生になりたいと思っていました。
厚焼き卵焼きを手伝っていたら、母が「上手ね!」とほめてくれたので、
勝手に、得意かもしれないと思いこんだのでしょう。

今は、私が淹れたコーヒーが美味しいとお客様に喜んでいただいています。
そうそう、喫茶店のマスターも褒めてくれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする